サヨナラ 







静かに流れる 時間が とても穏やかで

降りしきる 雨は 優しかった










君と一緒に過ごした 『 記憶 』

『 想い 』 が 雫のように 輝いていたよ









君がいてくれたから 僕は ここにいることができた








君がいてくれたから








20130629_01









ごめんね

僕は 君に 何もしてあげられなかった










空に願う

『 この 小さな一粒の雫が 大きな幸せになって 君を 優しく包みこんでくれますように 』









君を想う









ありがとう

君の隣は 居心地が 良かったです








[2013/06/29 15:56] 日記 | TB(0) | CM(23)