桜 

やっと・・・



やっと、桜を撮りに行くことができました (> <。)



昨年は撮ることはもちろん、目にしたことさえも覚えていない 『桜』



今年はようやく念願の桜を撮ることができました (; ;)





横浜に来て初めての桜を撮影する場所に選んだのは、やはり 『鎌倉』


春の古都を彩る桜に思いをはせながら、まずは北鎌倉から。





最初に訪れたのは、円覚寺。


総門をくぐると早速、目の前に現れた満開の桜。

sakura_01









山門の前に咲いていた桜が優しく迎えてくれました。

sakura_02








sakura_03









境内の桜はどれも満開でした (^ ^)♪

sakura_04








次に向かったのは、東慶寺。


・・・と、ここで急に雨が (> <;)


ひとまず、山門の下でお借りして雨宿り (-人-)


雨上がり、山門の側に咲いていた桜です。

sakura_05





次は、建長寺へ。

総門から三門まで桜の道が続いていました。

sakura_06








こちらも、満開の桜が迎えてくれました。

sakura_07








sakura_08








あいにくの曇り空でしたが、満開の桜に心が癒されました。

sakura_09








sakura_10








『寺』 と 『桜』








まさに 『和』 の象徴ともいうべき風景。

sakura_11








建長寺から、鎌倉七口の一つである「亀ヶ谷坂切通し」を抜けて源氏山方面へ。


ちなみに・・・

「亀ヶ谷坂切通し」はその昔、一匹の亀がこの坂を上ろうとしたところ、あまりに急な坂道のために
上れなかったという伝説もあるほどに、急な坂道でした (- -;)


次に向かったのは、「花の寺」としても有名な海蔵寺。


ところが、またしてもここで雨が (> <;)


こちらでも山門をお借りして雨宿り (-人-)


雨音に耳を傾けながら、境内を眺めていると一匹のリスが木から木へと渡り遊んでいました (^ ^)








小雨になったところを見計らって、英勝寺へ。

鎌倉唯一の尼寺でもある、英勝寺。

英勝寺は徳川家康の側室、お勝の方(家康の死後、出家して英勝院)が建立した寺です。
江戸時代には御三家の一つ、水戸徳川家の姫君が代々住職を務めたため 「水戸御殿」 とも呼ばれ、
非常に格式高いお寺でした。

英勝寺に着く頃には、また雨脚が強くなり今度は守衛所の軒下をお借りして雨宿り <(_ _)>








止まない雨・・・








すると、守衛所の中からひょっこり顔を出したのは可愛いトイプードル (☆ ☆)

お寺で飼われているらしく、とても人懐っこいワンちゃんでした (^ ^)♪








それでも止まない雨・・・








守衛所の前に咲いていた椿です。

sakura_12








ようやく雨脚も弱まったところで、壽福寺へ。

建長寺、円覚寺に続き、鎌倉五山第三位に列せられる名刹、壽福寺。

尼将軍とも呼ばれた北条政子が夫である源頼朝の菩提を弔うために建立したお寺です。
ここには北条政子と共に、鎌倉幕府三代将軍である源実朝の墓と伝えられる五輪塔があります。








英勝寺、壽福寺ともに小雨が降っていたため、残念ながら写真は撮れませんでした。


英勝寺では、鐘楼や唐門など歴史ある建造物を、


壽福寺では、総門から続く美しい参道を、


次回、またぜひ訪れてゆっくり参拝したいと思います。








雨降りの一日になりましたが、残念という思いよりも、さらに落ち着いた古都の風情に心が癒されました。








桜が撮れて良かったです。



[2012/04/07 22:09] 日記 | TB(0) | CM(1)