帰省 

先週、宮城に帰省してきました。

まだ行方は分かっていませんが、母のお別れ会を身内のみで行ってきました。

震災から早くも8カ月が過ぎましたが、母も含めてまだ行方不明の方はたくさんいます。
複雑な気持ちでしたが、一つの区切りとして今回はお別れ会という形で母の弔いをしてきました。



先週、宮城は気温が下がったものの、晴天の日が多くありました。

冬の澄んだ空気に視界がよく開け、遠く蔵王の山々まできれいに見ることができました。

高く広がった空は、様々な形の雲によってその表情を変えていました。



ただ、津波によって周囲のものがすべて流されてしまっているので、
不自然なほどに視界がよく開けていて・・・





空はこんなにも広いものかと思いました。





遠く見える牡鹿半島の景色はいつもと変わらず、まるで何事もなかったかのように・・・





思わず写真を撮りたくなるほどの素晴らしい景色でしたが・・・




やはりシャッターを押すことはできませんでした。





言葉になりません・・・





今年もあとひと月。
宮城はそろそろ雪が舞い始め、厳しい冬を迎えます。



被災者の健康を切に願い、犠牲になった多くの方々の冥福を心から祈るばかりです。



[2011/11/26 18:47] 日記 | TB(0) | CM(0)